憧れの二重を手に入れる

医者

クリニックにより違います

憧れの二重まぶたを手にすることが出来る方法として、大きく2つに分けることが出来ます。それが、メスを使用する方法とメスを使用しない方法です。メスを使用せず、気軽に行うことが出来るのが、埋没法と呼ばれる方法です。埋没法では、非常に細い糸を使用して、まぶたの裏側から希望する幅に沿って、留めていくというものです。施術時間も非常に短く、両目で10分程度で終了します。メスを使用する方法に比べて、値段も安くて済みますし、施術後の腫れなども少ないので、施術当日も洗顔することが出来ます。なお、埋没法の値段については、クリニックにより異なりますので、施術を受ける場合には、事前に値段を確認するということが大切になります。

シミュレーションをしよう

埋没法は、糸で縫い留めているだけの施術ですので、万が一仕上がりに不満がある場合には、元の状態に戻すことが出来ます。クリニックを探す際には、値段だけではなく方法などについてもしっかりと確認するようにしましょう。施術前には、カウンセリングを受けることになりますが、最近では施術後の仕上がりをシミュレーションすることが出来る場合もあります。いくつかのパターンの仕上がりのシミュレーションをすることにより、自分に合った幅を見付けることが出来るでしょう。埋没法は、やり直しをすることが出来るとは言え、繰り返すことは現実的ではありません。二重まぶたの幅については、慎重に決めるようにするということが大切になります。