目を大きくする手術方法

美容整形

短時間で低価格の手術方法

埋没法とは、目を二重にする場合の手術方法のひとつです。まぶたに糸を通しまぶたの皮膚と筋肉と繋げます。そうすることで、目を開けた際に二重になるという手術方法です。手術時間も10分程度と短時間で終わり、手術後の目の腫れも少なくすぐに日常生活が送れるという点から、二重の整形手術の中で主流となっています。また、埋没法は糸のかけ方などで、手術後の二重の持ちが変わってきます。糸をまぶたの2点留めるだけの方法や、糸を数本使用したり複雑に絡めて留めるなどの方法があります。2点留めるだけの方法であれば手術後の腫れは少ないですが、持ちも悪い傾向があります。反対に、糸を複雑にしっかり留める方法は腫れやすいですが持ちも良いとされます。術後の腫れを早く引かせたい時には、安静にしてまぶたを冷やしたりします。

美容整形の注意点

埋没法には短時間で低価格であるというメリットもあります。しかし、値段だけでクリニックを選ぶのではなく、信頼できるクリニックで施術を受けるようにしましょう。施術の値段が安いクリニックは多数ありますが、施術代とは別途で、費用の要求をされるケースもあるのです。また、施術後の不具合などのケアも別途で費用がかかる場合もあるのです。そのため、手術を行なう時には、比較して値段が高くても、きちんとアフターフォローに入ってくれるクリニックを選択する方が良いです。クリニックの情報は、美容雑誌やインターネットサイトなどで集めることができます。埋没法で二重にした場合は、抜糸をして元に戻すことも可能です。目に違和感が出てきたり、希望していた二重の形ではないと感じたら手術を行ったクリニックに相談してみると良いでしょう。埋没法の手術を受ける際には、よく考えて検討することが重要です。